Tuesday, March 25, 2008

此処じゃない何処かへ - 中島みゆき

Although a fairly recent addition to my collection, 此処じゃない何処かへ (ここじゃないどこかへ, koko janai dokoka e, "Not Here, to Somewhere") has caught my interest. However, I don't like the chorus (which repeats the title), but much of the rest.

拾ってきたラジカセだけが たったひとつの窓だった
教科書よりずっとはるかに 真実に聴こえたラヴソング
手当たりしだい ムカついてた
実は自分にムカついていた
追われるように街を離れて
行くあても理由(わけ)もなく 急かされる気がした
心の中で 磁石のように何処かから
絶え間なく 呼ぶ声が聴こえた

※此処じゃない 何処かへ
此処じゃない 何処かへ
此処じゃない 何処かへ※

(※くり返し)

もぐりこんだライヴハウスは 帰りも一人だったけど
握りしめたグラスの 氷溶かす何かの熱を見た
何もできない自分のこと
ずっと嫌いになりかけていた
追われるように街を離れて
行くあても理由もなく 急かされる気がした
何かになれる約束もなく
ただ風が吹くように ころがりだしたのさ

(※くり返し×4)
Post a Comment