Friday, August 28, 2009

わかれうた - 中島みゆき

With the soon-to-be-passing of my cat, this song came to mind. It really does fit with how I feel:

途に倒れて だれかの名を
呼び続けたことが ありますか
人ごとに言うほど たそがれは
優しい人好しじゃ ありません

別れの気分に 味を占めて
あなたは 私の戸を叩いた
私は別れを 忘れたくて
あなたの眼を見ずに 戸を開けた

わかれはいつもついて来る 幸せの後ろをついて来る
それが私のクセなのか いつも目覚めれば独り

あなたは愁いを身につけて
うかれ街あたりで 名をあげる
眠れない私は つれづれに
わかれうた 今夜も 口ずさむ

だれが名付けたか 私には
別れうた唄いの 影がある
好きで別れ唄う 筈もない
他に知らないから 口ずさむ

恋の終わりは いつもいつも
立ち去る者だけが 美しい
残されて 戸惑う者たちは
追いかけて焦がれて 泣き狂う

わかれはいつもついて来る 幸せの後ろをついて来る
それが私のクセなのか いつも目覚めれば独り

あなたは愁いを身につけて
うかれ街あたりで 名をあげる
眠れない私は つれづれに
わかれうた 今夜も 口ずさむ

English translation

by Greg Sharp

Have you ever been lying in the street
Calling someone’s name over and over
Twilight, unlike in the stories
It is neither friendly nor charming

With the flavor of farewell
You knock on my door
Wanting to forget farewell
I open the door, without looking into your eyes

Farewell always comes
It comes right after happiness
Is it my habit?
Always waking up alone?

You wear your grief
Running around town, making yourself known
But me, sleepless and bored
I sing the farewell song again tonight

Who gave me this name?
The girl who sings the farewell song
It’s not like I sing farewell because I like it
I sing it because I don’t know any other song

Always, when love is over
The one who leaves is beautiful
The bewildered one who is left behind
Chases and yearns and cries and cries

Taken from here.

Post a Comment